• 正直逃げ出したかった。
    でも今ここで変わらないと自分は一生変われないと思いました。

     

     

    Q, バックグラウンドを教えて下さい。

    山口大学で理論宇宙物理の研究をしています。元々宇宙に興味があったんです。

    実は大学への進学は、周りも行くし自分も行くかくらいの気持ちで大学に入学してからも何となく過ごしていたんですが、大学2年生で勉強についていけず留年の危機。そこから本気で自分の人生を真面目に考え始めました。

    海外には元々興味はあって、ヨーロッパに行ったり、韓国と日本の学生が交流するプロジェクトに参加したりしていました。

     

    Q, どうして「今」GRIT CAMPに参加しようと思いましたか?

    大学院への進学か、就職か迷っていて、大学院の進学はまた周りに流されているんじゃないかってモヤモヤしていたんです。そこで、クニさん(AmoebaX CEO)のツイッターでGRIT CAMPを見つけて、面白そうだな、何かのきっかけになるんじゃないか?って思って興味を持ちました。

     

    Q, 安くない価格に参加を迷ったと思うのですが、最後の一押しになったのは何が要因ですか?

    正直、最初に見たときは高いと思いました。周りからも騙されてるんじゃないかって(笑)。

    ただ、私は、今までスタート地点に立つのが遅かった。走り出しが遅かったと言う意識が強かったんです。だから今行かなかったら後悔すると思いました。

     

    今、進学か就職か悩んでいて、このままただ悩んでいたらまた走り出しが遅くなる。だから早めに絞って走り出したかったんです。

    だから、今回は先のことを考えるために、人生の決断にお金を払いました。

     

    また、同時に、自分には何もないって意識が強かった。自分には何ができるんだろう?って考えたときに、自分は自分で意思決定をしてきておらず、流されてきたって言う意識が強かった。

    だから今、自分の意思で決断したかったんです。

     

    Q, GRIT CAMPの率直な感想を教えてください。

    正直かなりしんどかったですね。どれくらいしんどかったかと言うと一週間で体重が3kg落ちました(笑)。

     

    ツアーの後半では自分で動かないといけない時間があって、今思えばそれが自分にとってはすごい良かった。

    とにかく自分で考えないといけない。自分で考えて動かなければ何も進まない状況。

    それでかなり追い込まれて、正直かなりしんどかったです。

    あと英語も得意じゃなかったので、コミュニケーションにも苦労しました。

     

    正直逃げ出したかった。でも結構なお金まで払って、今ここで変わらないと自分は一生変われないと思いました。

    だから、クニさん(AmoebaX CEO)に言われたことをとにかくやってみようと思いました。

    トヨタのWHYを5回考えろってやつ、今でもはっきり覚えてます(笑)。

     

    あと実際に現地のケニア人の社員の意見をもらえるのは面白かったですね。

    クニさん(AmoebaX CEO)や緑さん(Amoeba X 社員)とも壁打ちで時間を多く取ってもらってかなりディスカッションしました。

    今思えば、もっともっとやればよかったと思っています。

     

    Q, GRIT CAMPのが提供している価値を教えてください。

    機会を与えていることですね。

    実際にケニアの市場を自分の目で見て、その市場でのビジネスについて徹底的に考える機会って普通に生きてたらありえないです。

    自分でケニアに単身で行ってやるのはハードルが高い。ただ、プログラムで組んでもらえればハードルは一気に下がる。

    ケニアの市場を通して、今、ビジネスに徹底的に向き合えたのは大きいです。

     

    また、CAMPを終えた直後は正直やっと解放されたと言う思いが強かったのですが、CAMP を終えて数ヶ月経った今、自分もかなり変わったと実感しています。

    具体的に言うと、今まで自分が見えてなかったことが見えてき出しました。

     

    GRIT CAMPを通して「物事を考える」ということはどういうことなのか?ということを徹底的に学びました。

    新規事業立案で、物事を具体的に突き詰めて考える、と言うことをかなりやったのですが、それが今の就活にも大きく影響しています。

     

    今までモヤモヤしてふわっと考えていたことを、より具体的に突き詰めて考えるようになったんです。そうすると自分の思考の言語化ができるようになり、それを友達や出会う人に話すようになりました。そうすると、また新しい考えが返ってきたり、新しい人を紹介されたりという連鎖が始まって、今どんどん世界が広がっています。

     

    Q, GRIT CAMPは将来の夢やビジョン、方向性にどんな影響を与えましたか?

    夢見たいなざっくりしたものなんですけど、今は「機会の均等化」をしたいと思っています。

    山口と東京って結構、就活でも情報格差があるんです。そこを自分の力でどうにかできるんじゃないかって思っています。

    でもこれ、GRIT CAMPの参加後に思うようになったんです。

    参加前は、「自分にできることは何もない」って漠然と思っていたんですけど、今は「今の自分は何ができるのか?」をより具体的に考えるようになりました。将来の起業というものも視野に入ってきました。

     

    Q, ツアーの参加にオススメな人はどんな人ですか?

    正直、自分がこれだけ変われたということを加味すると自分にとっては良かったけど、万人には紹介できないですね。

    値段も高いですし、途中で投げ出そうと思えば投げ出せてしまいます。

    そんな中で投げ出さなかったのは、自分が今変わりたかったから。

    だからオススメなのは今本気で変わりたいって思ってる人。

    自分の中で将来に対して何をしていきたいかモヤモヤしている人にはオススメです。

    考えるきっかけになります。

     

    就活の悩みって将来について考える抽象的でふわっとしたものだと思うんです。でも、GRIT CAMPは逆に一つのことを具体的に突き詰めて考える。ある意味相反する思考です。でも、より一つのことを具体的に突き詰めて考えることで、今モヤモヤしてることを違う視点で俯瞰できるんです。対岸から見ることができるって言うか。その視点で観れます。これがすごく大きい。

    そこで就活でも、あ、今このことについて考えられてなかったなってより具体的に掘っていって言語化できるようになりました。

     

    GRIT CAMPでは、海外に出て新規事業の立案を通し、自分が見えてないことが見えるようになり、視野が広がります。

    視野が広がれば考えるきっかけが増えます。

    だから今、本気で変わりたいって思っている人にオススメです。

     

    Q, 逆にどんな人にはオススメしないですか?

    当たり前ですが、自分のやりたいことが明確になってる人にはオススメしないです。

    自分がやりたいことが明確な人がわざわざ高いお金を払ってこんな厳しい環境に飛び込む必要はないです(笑)。

     

    Q, 参加を迷ってる人に一言お願いします!

    迷ってるんだったら行った方がいい。迷ってるということは、何か引っかかってることがあるということ。

    何か引っかかってるならば、こういうチャンスはなかなかないので行った方が良いと思います。

     


     

  • お問い合わせ

    ぜひお気軽にご質問・お問い合わせください!

     

    スカイプにてAmoebaX CEO河野より、具体的なプログラム内容、

    参加を通して得られること、参加までのステップ等についてお話させていただきます。

     

    参加に対する相談事やご質問もぜひお聞かせください。

    ※お申込み後に河野よりSkypeでのアカウント追加の申請を行わせていただきます。